スポンサーサイト

  • 2017.02.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


わっはっはっは!8連勝なのだ

東京ヤクルトスワローズ 7- 1 読売ジャイアンツ

勝利投手 由規(2勝1敗)
敗戦投手 内海(2勝1敗)
セーブ  林 (0勝0敗2セーブ)

降水率100%の中、中断をはさんでの4時間17分、ふあー、長かった。
そんな中で、前半〜中断まで(5回終了)は由規の粘りのピッチング。6回以降は押本、バーネット、松岡、林昌勇のビューティホーなリレー。
打線も、畠山とバレンティンのワンダホーなホームラン。
いやあ、よかった。

由規、楽天との交流戦では地元仙台(アウェイ…とはいわないか)で、ぜひとも「笑顔」を与えるピッチングを見せてくれ!
いい巡り合わせでローテーションが回ると良いね。




この日午前、東日本大震災で行方不明になっていた、由規が仙台育英2年生の時キャッチャーを務めた先輩(斎藤泉さん享年22歳)の遺体が発見され、由規はそれを知らされてのピッチングだったと。

「マウンドでは喪章のついた左袖に何度も手を当てた。天国の斎藤さんに白星を届けるためにも、負けるわけにはいかなかった」サンケイスポーツ4/28:7時52分配信 

2011.4.28

わっはっは!7連勝なのだ

東京ヤクルトスワローズ 7- 1 読売ジャイアンツ

勝利投手 石川(2勝1敗)
敗戦投手 東野(1勝1敗)

これで、破竹の7連勝である。まず投手陣のがんばりに打線が追いついてきた感じ。
石川はステディでしたなあ、これで開幕カードのリベンジとなるナイスピッチングでした。
打つ方は、今日は田中ヒロヤス。
二死満塁の初球、ストレートをはじき返してのタイムリーはお見事。
前の2打席はいずれもスライダーを打っての二塁打、東野も投げる球がなかったといったところ。

いやあ、酒がうま...いやいや今日はいわゆる休肝日、残念ながら飲んでいないのです。

チームのまとまりを感じるいいゲームでした。青木、何もなければいいのですが。



5戦目にして今シーズン初勝利

先発の増淵は8回を投げ1安打無失点。

いや、良く投げました。
まさに、ヤクルトレディのお母さん一人の手で育てられた「ヤクルトの息子

東京ヤクルトスワローズ 4 - 0 横浜ベイスターズ

しかし、打てない。

ジャイアンツ 3-0 スワローズ

負けた。しかし、田中浩の3安打猛打賞とか、ベテラン宮本のさすがのヒットもあった。

やまない雨はない。
冬は必ず春になる。
...ていうか、なんだまだ2試合じゃないか。シーズンはこれから。

まあ、なんといってもスワローズのゲームを見ながら酒を飲める日常が始まったのだから。
それだけでも楽しい毎日なのだ。


★topics today

・覚え書き : web制作「ゴミ箱に見えないおしゃれな薄型分別ダストボックス」本日更新完了。


アルビレックスの高津!?

今回...あえてスワローズ・カテで

『高津臣吾投手入団決定のお知らせ』(新潟アルビレックスBC officialより)

同じくスワローズファンの友人である"gato"とも、「こうなったら全試合(新潟開催に限り)、観に行くしかないよねー」と話しているところ。

しかし、高津にとって「マウンドに立ち、ボールを投げること」をしのぐもの、大事なことはないのだろうと思う。
それが地方の独立リーグであれ、報酬が半年契約の200万円であれ。
偏狭なプライドなどとも無縁なのだ。

いつか神宮で見た姿を再び、新潟アルビレックスBCのマウンドで目にすることができるのは本当にうれしい。
それは、彼が286セーブの日本プロ野球記録を持つ投手であるからということ、スワローズ黄金時代を支えた大リリーフエースであるのもさることながら、その境涯の広さ、志の高さに触れたい、と思うからなのだ。

神宮開幕 〜 just play to win 2010

「やみくろ」の巣、ですって
神宮外苑

開幕カードのvsジャイアンツ三連戦をさわやかに勝ち越し、幸先の良いスタートを切った我らがスワローズ。
さあ、神宮でホーム開幕だ。

相手は昨季13勝11敗と勝ち越している中日ドラゴンズ。
恐れることは何もない。

ただ一説によると、神宮球場の下は「やみくろ」の巣があるという...おお、こわ。


★topics today

・アルビレックス新潟 矢野貴章選手、キリンチャレンジカップ2010日本代表メンバーに選出。


セ・リーグ開幕 〜 just play to win 2010

週一回お越しになるヤクルトレディから、1パック(7本入り)のヤクルトを買う。 

yakult_lady


ここ数年、暮れにはカレンダーを買う...これもヤクルトレディから。

そして、今年もスカパーのCSフジとの契約を延長する。


そう、全ては我らがヤクルトスワローズを愛するゆえ。


オープン戦から、館山、石川、由規、そして村中...それぞれ仕上がってきた様子が耳に入るにつけ期待感もひとしお。

この4人が、先発ローテーションの中心になると思う。ある程度計算できる前の二人もさることながら、私は後ろの二人=若手の右・左腕に今年は期待したい。

やはりね、150km近くのストレートに縦の変化球がある、これは強い。二人とも制球が気になるところであるが、ぜひ今季の飛躍を願う。


それとやっぱりですね、去年、相川を取れたというのも大きいと思う。「古田」後、どうも軸が定まらないと言うか物足りなく思っていたのが捕手。

わたし、基本的にスワローズは守りのチームだと思っているのですが、ここがしっかり落ちついたのは大きいと思う。

真価を発揮するのは、今季ですよ、きっと。


また、ガイエル(スワローズに骨を埋める、という)がいいと言うし、二年目のデントナも日本野球にアジャストしそうな感じ。

福地は、今年も盗塁王を狙って欲しいし、今年から背番号1を背負う我らが青木は当然、200本安打で首位打者だ。

田中浩康は、ある意味勝負の年だと思うし、飯原も負けてないぞきっと。

宮本さんは、もはや日本球界の宝だし...。


まあ、こうして一喜一憂する季節がまた始まる。

どうあれ、もうビール飲むしかないですな、スワローズが勝っても相手が負けても。


...ところで、開幕カードは...ああ、あそこね。グラ、帰ってくるのかね。



★topics today

フュージョンやAORを中心に扱う月刊音楽誌「アドリブ」が4月19日に発売する5月号で休刊することが分かった。発行元のスイングジャーナル社(東京)によると、同誌は1973年に創刊し、最盛期の80年代前半ごろは発行部数が20万部近くあった。レコード業界の不振で広告収入が落ち込んだことが、休刊を決めた一因という。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
        
sponsored links
archives
recent comment
recommend
1958マイルス
1958マイルス (JUGEMレビュー »)
マイルス・デイビス,ジョン・コルトレーン,ポール・チェンバース,レッド・ガーランド,キャノンボール・アダレイ,ビル・エヴァンス,フィリー・ジョー・ジョーンズ,ジミー・コブ
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM